iPhoneXを買取査定に出してみたらまさかの満額だった話

というわけで、iPhoneXを売ってきました。

開封レビューをしたのが2017年11月5日なので、2年10ヶ月経ってます。その間かなり、だいぶ、めちゃくちゃお世話になりました。

傷なし、不具合なし、付属品にも故障なしでよく耐えてくれました。

iPhoneXを手放した経緯について

iPhoneXとXperiaXPerformance

当時はXperia X Performanceを使ってて、比較したりしてましたね。

Xperiaスキーの目にiPhone Xはどう映る?実機開封レビュー

約2年経過した2019年9月22日にiPhone 11 proを買っていますが、その後もゲーム、電子書籍、寝る時の動画、そして何よりカメラとして、ずっと活躍し続けてくれました。

メイン機(iPhone 11 pro)があるから、Xはずーっと三脚に固定しっぱなしにできるんですよw

iPhoneの標準カメラに搭載された「タイムラプス」がいい感じでして、出先のホテルとかで三脚に固定したiPhoneXにモバイルバッテリーを繋いで4時間くらい放置して撮ったりもしました。

そういうわけでサブ端末になったとはいえ重宝していたんですが、そろそろアレが出るじゃないですか。

参考 iPhone 12の最新情報まとめ:発売日・価格・デザイン・スペックなどgori.me

iPhone 12(今のところmini狙い)を買うとなると、手元にiPhoneが3台あることになります。

が、今までの状況からいって、2台までしか同時使用も持ち歩きもしないので、いよいよ不要になるかと考えたわけです。

X以降はカメラの性能がいい(なんといってもズームレンズ搭載)ため、電話として用をなさなくなっても出番はあるのですが、今後はその位置をiPhone 11 proが担うことになるかと思います。

あとこれも個人的に、少なくとも現状の記事を見る限りでは、自分はLiDARは必要としていないので、12はminiでいいかなって気がしてます。Xと11 proのほとんど唯一のデメリットが重さなので。

(ただし、LiDARスキャナによって空間内の物体を捉えることで、たとえば背景ぼかしの精度が向上するとかならほしいw)

これまで買ってきたXperiaのように、ただ単にお古としてしまっておくのももったいないかなと思いまして、今回査定をお願いしてみたわけです。買い替え時の足しにしたくて。

ちなみに…
ついでにいうと、今まで使ってきた歴代Xperiaはほぼ全てroot化してたので、そもそも売れませんでしたw

実はバッテリー交換済み

iPhoneのバッテリー交換プログラム

そうした酷使がたたって、電池の消耗スピードが早まっちゃったので、実は一度バッテリー交換は行っていました。

Apple公式の修理サービスを使っているため、若干の出費が発生しています。
(AppleCare+はiPhone 11 proに移行しちゃってたため)

なので厳密には「2年10ヶ月使ったのに満額査定」とはいえないかもしれません。

ただまぁ、傷も汚れもヒビも曇りも一切なかったことは確かです。

iPhoneケースを使っていたことに感謝する日が来るとは

iPhoneX用のケースの山

Xperiaを使っていた時は薄さを最優先していたこともあり、裸もしくはスキンシールで通していましたが、iPhoneにしてからはケースを買うようになりました。

たまたま電車で目の前に座っていたビジネスマンが手に持っていたiPhoneXのケースがとてもかっこよく見えて、同じようなのを探しまくったりした思い出もありますw

ずっとケースをつけていたおかげで、側面も背面も傷は全くできませんでした。

現時点でのAppleの下取り上限は35,000円

iPhoneXの下取り価格_202009時点

注意
あくまでも2020年9月末時点での評価額です。今後上限金額が変化する可能性はあります。

Appleでは、端末購入時に古い端末を下取りに出すことができます。

公式の下取り上限額はこちらから確認できます

現在、iPhone Xは公式の下取りでは最大35,000円でした。

ソフマップで買取査定してもらったところ満額ゲット!

ソフマップのiPhoneX買取価格、2020年9月時点

注意
あくまでも2020年9月末時点での評価額です。今後上限金額が変化する可能性はあります。

というわけでソフマップに持ち込んで査定していただいたところ、4万円になることがわかりました。

現時点でのソフマップのiPhoneX買取価格は電話して直接確認したところ、39,000円とのことでした。
この時点でApple公式より4,000円高いのですが、もちろんこれには条件があります。

査定額の詳細
  • 本体に傷や汚れがなく、通電できる(=完全に動作する)こと
  • 箱および付属品が全て揃っていること
  • 査定前に初期化すること

電話で伺った条件はこんな感じです。

まず、本体が美品できちんと動作できること。これは基本ですね。幸いiPhoneケースだけでなく、液晶保護ガラスやカメラレンズ保護ガラスも常時つけていたので、傷は全くありませんでした。

次に、付属品が全て揃っていること。細かな金額も伺いましたが店や状態によって違うかもしれないので伏せます。大まかに「イヤホン」「充電ケーブル」「充電器」が付属する製品の場合、これらが欠けると少し買取額がダウンするとのことです。

Androidだとそもそも箱の中に本体しか入っていない製品も多いので、そういう時は本体価格のみになるんですけどね。

最後に、査定に出す前に初期化すること。もちろんAppleID(iCloudその他)からのサインアウトもです。

これ自体は金額には影響しませんが、「予め自分で初期化する」または「査定時に店員が初期化することに同意する」どちらかでないと、そもそも査定を受け付けないとのことでした。動作確認のために電源入れる必要もあるし、当然っちゃ当然ですよね。

もう1つ補足がついて、買取時に現金ではなくビックカメラのポイントとして充当する場合、ボーナスがつくとのこと。

それならいいかと思い、予め初期化していたことも相まって結構簡単に踏ん切りがつきまして、即決で買い取っていただいてきました。
ネット検索でもっと高額な買取が可能であることも承知していましたが、数千円~1万円程度の差のために遠出すると交通費+諸リスクでむしろマイナスになりそうだったのでここでいいかと思った次第です。

というわけで、現在、Tomのビックカメラのポイントカードには結構な額がチャージされています。Prestige14を買った時のポイントもまだ残ってますしw

そんな感じで発売を今か今かと待ちわびています。わくわくっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。