新型iPad Air(第4世代)開封レビュー!人生初のiPad!

ネットじゃなく店頭で予約したので少し遅れましたが、届きました。

長かった……!

iPad Air 4th gen(第4世代)、略してエアフォースを購入・開封します!

色はスカイブルーをチョイス

iPadAir4スカイブルーを開封

やっぱり新色……というわけでもなかったのですが、せっかく今までにない新しいカラバリということで選びました。

ケースは……うん……つけるかも……w

そして、一緒にあるのはApple Pencil(第2世代)。これは別口で買ったので2週間くらい早く届いたんですが、対応デバイスがなく、眠ってました。

やっと使える!

ただ、手元にあるアクセサリーは現状これだけです。予約時に買い忘れたというより、入荷してなかったんですよね。

液晶保護ガラス買わないと。案の定、ディスプレイの指通りは悪いです…。

ファースト・タッチ!!(を取られた)

iPadAir4の中身(同梱物)

貴様何をやっとるかッッ!!

開封してたら速攻で乗られちゃって、iPad Air 4に最初に触られちゃいました😖

同梱のUSB-Cケーブル(両方C)と充電器は一旦おいといて。

早速iPhoneくっつけて初期設定を行っています。

しかし、この絵ヅラ、どこかで見覚えが……w

ANC対応の新型AirPods Proが届いたので開封してレビュー!

飼い主に似てガジェット好きになっちゃったかなꉂ(ˊᗜˋ*)

今回iPad Air 4を買ったきっかけ

Apple iPad Air 4th gen

発表会で見たA14 Bionicのパワー及び予約直前にリークされたベンチマークを見て魅力を感じたってのももちろんあるんですが、発表された時点で買おうと思っていました。

理由としては、新しい色が追加されたことと、価格が若干抑え気味だったこと。

これまでシルバーとグレーだけだったiPadにカラバリができたというのがインパクトとして大きかったですが、Proと比べてカメラや一部の機能を制限するかわりに安めのレンジで設定してくれていたので、「初めて」のiPadにぴったりなんじゃないかと思った次第です。

そんなに高いパワーが必要な作業もしないのですが、いくつかやりたいことはあったってのも大きいですね。

あとやっぱデザイン。角張った初代iPhone SEとかiPhone 5sみたいな縁がすごく好きです。そしてサイズのわりには軽く感じますね、かなり。

なお、Wi-Fiモデルです。持ち歩きはするけど、タブレットを使って外出先で作業する機会が現状ほぼないのと、どうしても必要になったらiPhoneでテザリングすればいいやと思って。

ただ、Wi-Fiモデルの場合、SIMカードが刺せないだけでなくGPSもありません。

ほとんど唯一のがっかりポイントはFaceID非搭載なところ

Apple iPad Air 4 のTouch ID

発売前から注目されていましたが、iPad Air 4はTouch IDによる指紋認証に対応しています。

それはいいんですが、Face ID(顔認証)には対応していません。

初iPadに備えて情報集めてる時、純正のキーボード「Magic Keyboard」などを使用する際、スペースキーを2回押すことで画面をONにできるというのを知りまして、それならFaceIDのほうが楽だよなぁと思ったんですよね。

前述の通り外で使うことを想定していないので、マスクの心配もないし。

けどまぁそれだけのためにProにする気にもならず、ここは妥協しました。

反応速度はかなり速いし、いいかな。

Magic Keyboardは買わないと思います

Apple Magic Keyboard 2nd gen

11インチ用であればiPad Air 4にも対応しているようです。

が、いろいろ調べた結果、僕はMagic Keyboardは買わないと思います。

理由はUS配列だから……と思ったんだけど日本語配列(JIS配列)も売ってるっぽいかな?

参考 iPad Air(第4世代)・11インチiPad Pro(第2世代)用Magic Keyboard - 日本語 - Apple(日本)Apple

ただ、店頭で実機を触った結果、ちょっと微妙でした。

もともと10インチのXperia Z4 Tablet用の純正キーボードカバー持ってたんですが、キーが小さすぎて打てなかったんですよ。

iPad Air 4用のMagic Keyboardはそれに比べればキーのサイズは大きく、トラックパッドもついていて便利なんですが、それでもまだ打ちにくいと感じました。

これは僕が普段使っているパソコン用キーボードに慣れちゃってるってのもあると思います。

あと、いくつかジェスチャーでは補えない操作があったような。それらを考慮すると値段に見合う価値があるとは残念ながら思えず。

トラックパッドがタップ(ソフトタッチ)に対応しておらず、クリックする時は押し込む必要があったところも痛いですね。

前述の通り、キーボードで画面ONしてもロック解除できませんしね。(FaceID非搭載)

筐体が浮くところがすっっっっっごくカッコいいんですけどね、そこはこいつで補います。

折りたたみスタンド「MOFT Float」をプレッジ

MOFT FLOAT

Kickstarter(クラウドファンディング)で支援しています。

参考 MOFT Float: Invisible Stand&Case for iPad Pro&New iPad Air by MOFT — KickstarterKickstarter

ぶっちゃけると風呂に持ち込む予定なんで、レザーとかは避けたかったんです。あとこの理屈だとキーボードみたいな複雑な機構がくっついててもダメですね、水が入っちゃったら大変w
(Magic Keyboardは着脱が楽っぽいのでそこは羨ましいんですけどね)

なのでこれも結構迷ったんですが、Magic Keyboardと同じように筐体が浮くスタイルが気に入りました。

ただし
MOFT FloatはApple純正ではないため、互換性に若干の疑問があります。iPad Air 4は対応とされていますが、写真および動画を見る限りカメラ部分の穴はProに最適化されているように見えます。また、11インチと12.9インチ用があり、プレッジ後に選ぶようなので間違わないように。iPad Air 4は11インチです。

iPad Air 4を買うとAppleTV+を1年間利用できる

AppleTV+

他にもいろんなサブスクサービスがあるためAppleのサブスクって現状1個も利用していないんですが、興味はあったんですよね。

どんなラインナップなのかとか、面白い便利機能があるかとか、1年間使ってじっくり体験してみたいと思います。

そんな感じでいじくり回してきまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。