【Tasker】超簡単レシピ:横画面時に自動的にナビバーを格納し、縦画面に戻した時にナビバーを復元する

スクリーンショット

たったこんだけです。

必要なものは「Tasker」と「AutoShortcut」というプラグイン、それと「GravityBox」です。

AutoShortcut – Google Play の Android アプリ

このプラグインは「Task → Plugin」から指定でき、「ショートカットを実行する」Taskが作れるものです。

GravityBoxは[JB]でも[KK]でも大丈夫です。

プロファイル

Context(トリガー)
State → Display → Display State
Is「On」

State → Display → Display Orientation
In「Landscape」

これでこのプロファイルは「画面点灯時」に「縦から横に回転した時」だけ発動します。

Enter Task(→)(アクション)
Plugin → AutoShortcut
 Configuration
  GravityBox → 拡張デスクトップトグル

Exit Task(←)(アクション)
Plugin → AutoShortcut
 Configuration
  GravityBox → 拡張デスクトップトグル

これで横画面になった時に一度「拡張デスクトップトグル」が発動、GBで指定したモードに入ります。
そして縦画面になった時に再度「拡張デスクトップトグル」が発動。「トグル」なので2回目の発動時はOFFになります。

[KK]だと没入モードが使えるので、ナビバーを格納してもスワイプで呼び出せます。
[JB]ではこれはできず格納しっぱなしになるので、別途LMTなどを入れておかないと強制横画面アプリ(カメラなど)からの復帰が難しくなります。
強制横画面時に代替ナビバーがない時は通知領域から設定に入ると良いかと思います。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。