【推測】そろそろXperia以外にも20MPカメラが乗る?

今日ちょっと仕事の調べ物をしていたら次の記事が偶然ヒットしました。

東芝、スマートフォンやタブレット向けとした2000万画素の裏面照射型 (BSI) CMOS イメージセンサー「T4KA7」開発 | GPad

昨年(2014年)8月のニュースです。

スマートフォン・タブレット向けとなる、東芝製のCMOSイメージセンサだそうで、光学サイズ1/2.4インチ、最大出力画素数が20MPとなるそうです。

気になったのは、記事中に「量産時期:2015年2月」と記されている点です。

T4KA7 | センサ | 東芝 セミコンダクター&ストレージ社

実際公式ページにも品番の隣に「開発中」って書いてありますし、まだ準備段階なんじゃないかと思います。
僕はこっち方面はてんで素人なので、量産規模の「50万個/月」、そしてサンプル価格「2000円」というのがどの程度なのかはわかりません。

仮に搭載するのがハイエンド機だと仮定した場合、カメラモジュールのコストってどのくらいになるんでしょうかね。
量産が開始されたらサンプル価格よりもグッと値段は下がるって認識で良いのでしょうか。

これが気になったのはタイミングも関係しています。

CES2015で発表されてメディア各社が注目している台湾ASUSの「ZenFone 2」、そして中国はHuaweiのフラグシップ「Ascend Mate7」、さらにAndroidの中心、Googleの「Nexus 6」と、海外勢がこぞって13MPのリアカメラを搭載するようになりました。

次に投入されるだろう2015年前半(春夏~)か、その次の2015年後半(夏秋~)のハイエンド機は20MPになってたりするんでしょうか。

ただ、画素数で追いつかれても東芝製CMOSは裏面照射型のようです。
一方で我らがXperiaは積層型CMOSイメージセンサ「Exmor RS」を搭載。

Sony Japan | ニュースリリース | 積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™を商品化
Sony Japan | ソニーの半導体

Z3のWikipediaには「裏面照射型」と記載されていますが、上記2番目のリンクにて「積層型」は「次世代の裏面照射型」と説明されているため「Exmor RSを搭載=積層型を搭載」と判断しました。

また、噂段階らしいですが「曲面CMOS」なるものを搭載した「Xperia Z3X」なんて端末も出るとか出ないとか。

ソニー、次期フラッグシップ「Xperia Z3X」 曲面CMOSセンサーを搭載か | GGSOKU – ガジェット速報

まだアドバンテージはあるのかな?

そんな感じで結論が出せなくてごめんなさい。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。