Xperia Z2とiPhone5sを少し使ってみた

経緯

トムとロイド: 【号外】Xperia Z2とiPhone 5sが我が家にやってキタ━━(゚∀゚)━━!!

昨日からXperia Z2とiPhone5sの実機がウチにあります。

カックイイー!

ちっちぇー!持ちやすーーーい!

さっそくいろいろやってみました。

Xperia Z2 / ハードウェア

まず目についたのがスピーカーでした。

Xperia Z2はフロントにステレオスピーカーを搭載しています。
HTC J Oneみたいに、受話口のあたりとマイクのあたりに独立したスピーカーがそれぞれあり、立体的な音が楽しめます。
歴代の中でも特に本体スピーカーの小さいZと比べると歴然の差があります。

というかZって手で持ったりクッションみたいな柔らかいものの上に置くとスピーカーが塞がれちゃって音が消えるんですよ。完全にクレードルに挿して使うことだけが想定されている感じで、ちょっともったいないなと思っていました。
またこれはiPhoneも同様で、側面(底面)にスピーカーがあるため手で持った時に塞いでしまうことがあります。

とはいえフロントでしかもステレオスピーカーだとここまで違うのかと正直感動しました。

あまりに聴きやすいので、読み上げ機能に特化したRSSリーダーを入れてみました。

読まなくていいニュースアプリ Oto-Latte(オトラテ) – Google Play の Android アプリ

ラジオ感覚でかなり気に入ったかもしんない。特にZ2は電池持ちがスゴく良いので(まだほとんどアプリ入れてないせいもありますが)、垂れ流しに向いていると思います。

ちなみに充電中は受話口のあたりが光りました。Tomがデザイン面で一番好きなXperiaであるXperia SPみたいでオサレ。

Xperia Z2 / ソフトウェア

何回かファームウェアアップデートが来ていたので、最後のタイミングでftf素材をいただいちゃいました。
最初SUS使おうと思ったんだけどそういやサポート打ち切りとか見た気がしたのでPCCで。
USBで繋ぐだけでADBドライバが入るXperiaはやっぱり重宝します。

ちなみに今回お借りしたのはD6503、グローバルモデルです。
もし今後僕がSO-03Fを買ってもこのftfは役に立たないかな…。

イースターエッグ。KitKatだから「K」かと思ったら……「1」って何?
N5では「K」がくるくる回ってたはずですが…。

ちなみにこちらの動画だと小文字の「p」になってます。なんだろ。

Xperiaはプロモーション用(?)にいくつかのメディアファイルがプリセットされています。
音楽はZに入っていたものと同じでした。
写真には”α”CLOCKロゴ入りの美しい写真がいくつかありました。縦画面用のもあったので壁紙にしてもよく、撮影地域の情報もついてるので「アルバム」アプリを使うのにもいいネ。
ムービーは2種類。片方はアメイジング・スパイダーマン2のトレーラーでした。
ごっそりいただいちゃおう(大丈夫かな?)。全部内部ストレージに入ってます。
RAMの空き容量はもはや笑いがこみ上げてくるレベル。GXの全RAM容量よりもZ2の空き容量のほうがデカイとか。
あ、ちなみに、せっかくSnapdragon 800(MSM8974PRO-ab)と3GB RAM積んでることだし、一体どれほどパワフルなのかを調べるために次の3つのアプリを入れて計測しています。
電池使用量、プロセス稼働率、CPU稼働率、温度推移の計測用。
RAM容量の推移、CPU稼働率の推移、プロセス数の計測用。
通信性能(Up/Down速度)計測用。
そして少し使ってみた結果、個人的にかなり衝撃的な事実が判明しました。
Z2のCPUのMAX周波数は2266MHzです。アプリをダウンロードしたり、Chromeでウェブページを開いてみたり、RSSリーダー入れて同期したりと基本的な操作をやってみたのですが、周波数MAXで動く頻度がかなり低かったです。
たいていの操作は1500MHz駆動で事足りるみたい。
1500MHz(1512だっけ?)といえばZのCPUのMAXですが、Zはこの数値をかなり頻繁に叩き出します。
アプリ何十個も入れてるからってのももちろんあるけど、CPU稼働率に大きな余裕が生まれている様をこの目で見たのはたぶんTomはこれが初です。当たり前かもだけどNexus 5を初めて触った時と同様の感覚をXperiaで味わいました。
ようやくソフトウェアが求めるマシンパワーをハードウェアが追い越したってことでいいんでしょうか。
いっぱいアプリ入れたらわかんないけど。
画面遷移速度などは特別驚くほど変化があったとは思いませんでしたが、常に余裕を持ってサクサク動いてくれている印象です。
N5使ってる時に出会ったこれがもし快適に動くなら相当高いパフォーマンスを期待できそうです。
その他、各種カメラプラグインやテーマ変更などもひと通りやってみました。特にデフォルトホームに置かれてるカメラウィジェットはよさげでした。
ただ1つ惜しむらくは、
これ。使ってみたかった…。
4.4のXperiaならもう1台あるけど、CM11な上にNFC非搭載なんですよネ(T_T)

説明読む限りじゃNFC対応ヘッドフォンやスピーカーと同じように、かざすだけで端末同士をペアリングしてスクリーンミラーリングもしてくれるものなのかな。
Tomさんにペリタブを無償貸与してくれるやさしい方がおられましたら至急連絡求む。

iPhone5s / ハードウェア

昨日も書いた通り、ぶっちゃけ僕にとっての「初Lightning」「初イヤホン(このデザイン)」、そして「初iOS7」と、ファーストインプレッションだらけの端末です。
側面のツマミ1つで即サイレントにできる、大人気の「コントロールセンター」「Siri」が使えるなど、さすがとしか言いようのない完成度が魅力でした。

中でも一番気に入ったのがカメラ。
数字が全てじゃないってのはわかってるつもりでしたが、やっぱり世界中で愛されるだけの力はあったんですネ。
すごく綺麗に撮れるし、使いやすいし、シャッター音も好きです。

そしていろいろやってて見つけたのがこんなアプリ。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Action Movie FX

ニューススタンドで週刊アスキー読んでて見つけました。
Android版もあるみたいなこと書いてあったけど見つからない…これかな?

FxGuru: Movie FX Director – Google Play の Android アプリ

デベロッパ違いますので一応確認を。

ちょっと前から流行ってるARエフェクトアプリです。「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のエフェクトが多数搭載されてて、5秒程度の動画を撮ると凄いことになります。
Vineとの相性もいいかも?

ほかはまぁ、昔touch使ってた時に買ってたスト4入れて久々に遊びましたw
Android(GX/Z)だとたまにカクついちゃってたんだけど、iPod(iPhone)だとかなり快適です。
端末が軽いので長時間持ったままでも疲れないところもGood.

iPhone5s / ソフトウェア

指紋認証の設定とかもはじめてしました。
Google Nowなどよりも圧倒的に話題となることが多い「Siri」もそうだけど、Appleの機能って本当に精度が高いですよね。
ここは正直羨ましいです。

こちらも起動と同時にアップデートが来てました。

ようこそされちゃった(*ノノ)キャー

そんな感じでどちらもとても素晴らしく、手放したくなくなってきました(汗)。

2 Comments

匿名

こんばんは、海外在住でXperiaZLを使ってます。
購入後の保証一年が切れたのと同時にRoot化し、ココを見つけました。
記事一つ一つがメチャ面白いです!

頑張ってください!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。