【知恵のApple】写真対決 通常撮影部門 / HRD部門【力のSONY】

スマホで写真を撮ってみた

わかりやすくいうとこういうことです。
以前からずっとスマートフォンのカメラで風景画とか撮りたいなと思ってたんですが、屋外でいきなり構えると何言われるかわからないので(正直恐いですよね)、早朝に人気のない道を使って撮ってきました。

知恵 vs 力 とは?

最初は【実力のApple】【スペックのSONY】としてましたが、個人的にスペックって言葉が褒め言葉に思えなかったのでこうしました。

Appleのいうところの「知恵」とは頭の働かせかた、要するに撮影データの処理性能にあると思ってます。
画素数が(今の時代のトレンドから見ると)たった800万ながら世界中のフォトマニアに愛好されているイメージがあります。
もちろんただ撮るだけじゃなく工夫次第だとは思いますが、それでもAndroidを使ったカメラマンって見かけたことないんで(※)、やはりiPhoneはどこかしら優れているのだろうなと思っています。
カメラモジュールに用いられているCMOSイメージセンサ「Exmore RS for mobile」はiPhone 5s / Xperia Z2共通のようです。

そしてそれ以上にユーザーを惹きつけるiPhone最大の魅力は手間のかからなさ。
iSightカメラの紹介ページの導入文1行目(要するに冒頭)を見て下さい。

iSightカメラの画期的なところは、特別なことを何もしなくても美しい写真が撮れることでしょう。

って書いてあります。実際使ってもその通りで、デフォルト設定だと「通常画質」と「HDR画質」の画像を両方保存してくれます。

対するSONYの「力」はもちろんスペックの高さです。
よく「総合家電メーカーであるSONYは様々なパーツを自社生産できるから強い」って聞きますが、その通りだと思います。
Z2のカメラの有効画素数は驚愕の2070万です。iPhone5sの倍以上ありますね。
加えて、SONYのGレンズを通したクリアな視界で撮影したデータをBIONZ for mobileの高精度エンジンで処理、その後TRILUMINOS for mobileの美しい画面に描画されます。

またXperiaのカメラにも「プレミアムおまかせオート」機能が搭載されており、起動してシャッターを切るだけで綺麗な写真を保存してくれます。

※:僕が知らないだけかもしれませんがSNS上で個人で楽しむ方はいますがコンテストみたいな規模の大きなものが少ない気がします。まぁ、それ以上に「携行しやすい」「構えてカメラ起動してすぐ撮れる」といった部分も大事なんでしょうね。

写真対決 通常撮影部門 – iPhone 5s –

カメラを起動してそのまま撮影。クリックで拡大表示されます。

※実はiPhoneで写真を撮ろうと思い立った時、ついでにちょっと思うところがあったためZ2とは別の場所から撮影しました。時間帯は一緒です。

写真対決 通常撮影部門 – Xperia Z2 –

「プレミアムおまかせオート」で撮影。クリックで拡大表示されます。

※「通常撮影した写真」を比べるのが目的となります。「プレミアムおまかせオート」でHDRが有効になっていたかどうかは確認していません。
※カメラアプリの設定は完全にデフォルトです。このためZ2の撮影の解像度は8MPです。

通常画質写真詳細

対象写真の「プロパティ」を開いて「詳細」タブに載っていた情報を記載します。

【iPhone 5s】で撮った写真は次のようになっています。

大きさ 3264 x 2448 px
水平方向の解像度 72 dpi
垂直方向の解像度 72 dpi
ビットの深さ 24
色の表現 sRGB

カメラのモデル iPhone 5s
絞り値 f/2.2
露出時間 1/672秒
ISO 速度 ISO-32
焦点距離 4 mm
フラッシュ モード フラッシュなし(自動)
35mm 焦点距離 30

明るさ 8.2289361702127657
露出プログラム 標準
ホワイト バランス 自動

サイズ 2.00 MB

【Xperia Z2】で撮った写真は次のようになっています。

大きさ 3840 x 2160 px
水平方向の解像度 72 dpi
垂直方向の解像度 72 dpi
ビットの深さ 24
色の表現 sRGB

カメラのモデル D6503
絞り値 f/2
露出時間 1/640秒
ISO 速度 ISO-50
焦点距離 5 mm
測光モード 中央重点測光
フラッシュ モード フラッシュなし(自動)

ホワイト バランス 自動
デジタル ズーム 1

サイズ 2.96 MB

Z2のカメラ基準でいくと、

  • 絞り値が0.2ほど小さい
  • 露出時間が2秒ほど短い
  • ISO速度が18ほど高い(ISO感度のこと?)
  • 焦点距離が1ミリ長い
  • サイズが少し大きい

となります。
両者ともかなり巨大な写真ですが、比較するのが目的のため今回は縮小せずにアップロードしました。

写真対決 HDR部門 – iPhone 5s –

デフォルトで保存された2枚のうち、「写真」アプリで表示した際に「HDR」と表示されるほうの写真です。クリックで拡大表示されます。

※ほとんど同じであったため詳細は省きますが、iPhone 5sのHDR写真は「明るさ」が「8.21804788213628」でした。

写真対決 HDR部門 – Xperia Z2 –

撮影モードを「マニュアル」に変更、メニューから「HDR」をONにして撮影。クリックで拡大表示されます。

※Z2で撮った写真のプロパティには「明るさ」は記載されていませんでした。

HDRとは

HDRモードで撮影した写真は「ハイダイナミックレンジ合成」という処理が施されます。
こちらの解説によると「ダイナミックレンジ」とはレンズに入ってくる光のうち「最も明るいもの」「最も暗いもの」の差だそうです。

iPhone 5sでHDR写真を撮る際は撮影時に3枚を連射し、それを合成して1枚の写真にします。
Xperia Z2でHDR写真を撮る際は2枚を連射して合成します。

「カメラ」のオプションでHDRを有効にすると、ダイナミックレンジの広い写真を撮影できます。無効なときは、明るすぎる部分は光があふれて真っ白に(色が飛ぶ)、暗すぎる部分は光が足りず真っ黒に(色がツブれる)なりますが、有効にすれば色飛びや色ツブれの少ない写真を撮影できるのです。

とのことです(リンク先より引用)。

今回は空を撮影したため、よく見比べると雲の輪郭が強調されているのがわかるかと思います。
特にiPhoneのほうは光が激しい部分(建物のすぐ上)が通常画質では飛んでしまっていますが、HDRでは多少輪郭が見えます。

結論

よくわかんないしどっちも綺麗だからok (・ω・)
良し悪しの判断はこれを見てくれている人に任せます。

せっかくだしDSC-QX10も持って行けばよかった(´・ω・`)
Z2で20MP撮影もしとけばよかったかな…?

オマケ – iPhoneで空映してたらとんでもないものが撮れた –

昨日紹介した「Action Movie FX」ですwこれ面白いw

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。