MagSafeモバイルバッテリーにものすごい可能性を感じた話

まだ買ってないので実際体験はできていないのですが、調べていてすごく便利な特徴を見つけたのでメモしておきたいと思います。

iPhone12シリーズでは端末背面に磁石が埋め込まれており、専用の充電器やカードホルダーなどのアクセサリーを端末背面に貼り付けることができます。これを「MagSafe(マグセーフ)」といいます。

Macのマグネット式充電ケーブルなどもMagSafeというらしいですね。

発売当初は対応製品が少ないことやケースに跡が残る問題などもあり、疑問を持たれることもあるようでした。

が、MagSafeには従来の常識を覆すほどの超便利な特徴があります。

iPhoneからMagSafeで接続したアクセサリーに電力を供給できるというもので、これを活用するとLighthningケーブルが完全に不要になる可能性すらあります。

MagSafeの特徴は「磁石」と「給電」

AppleのMagSafe充電器

MagSafeと聞いて最初にイメージするのが充電器だと思います。

iPhone12シリーズの背面に磁石でペタッと貼り付けるだけで充電できる仕組みで、既に公式サイトでMagSafe充電器も販売されていますね。

ただ、これだけだと大したインパクトはありません。なぜならMagSafe登場以前にも、背面を通して充電する仕組みは存在したからです。

国内だと「Qi(チー)」という規格の製品が多く出回っていますね、いわゆる「置くだけ充電」というやつです。

MagSafeも基本的に充電規格としてはQiと互換性があるものです。なので、簡単なイメージとしては「Qi充電器を貼り付けられるようになった」程度のものでした。

これにより、端末を手に持ってもQiによる充電を継続できることが特徴になります。

でもこれだけだと、普通にLightningケーブルで接続した状態と変わらないんですよね。結局ケーブルを使っているわけですし。

ただ、MagSafeにはもっと大きな特徴があります。電力供給の方向を逆転させることができるんです。

MagSafe接続するとiPhoneからアクセサリーに電力を供給できる

参考 MagSafeの活用:iPhone 12をプロカメラに進化させるMomentのプロダクトたちthebridge.jp

まだコンセプト段階、あるいは開発中の場合が多く、市販化にはもうちょっと時間が必要になるようですが、既にMagSafe対応アクセサリーの可能性に気づいたメーカーが様々なアイデアを練っています。

MagSafeに対応したアクセサリーはiPhoneとケーブルで接続しなくてもiPhoneから電力をもらって稼働できます。

磁石で張り付くので取り回しも最高。

ケーブルがなくなることで、面倒な接続作業も軽減できます。貼り付けるだけ。

これだけでもなかなか便利だと思うんですが、更に踏み込んで便利になるのがMagSafe対応の「モバイルバッテリー」です。

iPhoneを充電する時、MagSafeモバイルバッテリーも一緒に充電できる。ここが最高!

SUBAMTのMagSafe対応モバイルバッテリー

こちらはAmazonで既に販売されているMagSafe対応のモバイルバッテリーです。
(ただし今注文しても、到着は1月前半になります)

商品紹介画像の中に「iPhoneを充電する時は、モバイルバッテリーを充電することもできます」と書かれています。

MagSafeでiPhoneからアクセサリーに給電できるので、MagSafeで貼り付けたモバイルバッテリーは、iPhoneを充電する時に一緒に充電できます。
(念の為:この製品にとって、この表現が適切かは自分は確認できていません。iPhoneからこのモバイルバッテリーを充電できるかは未検証です)

これの何が素晴らしいかって、ケーブルを1本に絞ることができる点です。

モバイルバッテリーをUSBで充電すればiPhone12シリーズも一緒に充電されます。(=Lightningケーブル不要)

iPhone12シリーズをLightningケーブルで充電する場合はMagSafeモバイルバッテリーを貼り付けておけば、モバイルバッテリーも充電されます。(=モバイルバッテリーを充電するためのケーブルが不要)

1本で両方に対応できるため、どちらか片方で良いことになるので、荷物が減らせる計算です。

モバイルバッテリーがUSB Type-Cで充電できる場合、iPad用のType-Cケーブルが1本あれば、iPad、モバイルバッテリー、iPhone12シリーズの3つに対応させることもできます。

ただし
たとえば外出先でパソコン等に接続してデータ通信も行いたい場合はLightningケーブルははずせないかもしれません。

懸念点としては、給電速度です。

MagSafeによるiPhone12シリーズへの充電は最大15W、iPhone12miniは最大12Wとのことですが、この逆、MagSafeを使ってiPhoneからアクセサリーを充電する時にどのくらいの速度が出るか次第ですね。

ただ、モバイルバッテリーに限っては、たとえば旅行先の宿で就寝時にiPhoneに貼り付け、片方を充電しっぱなしで寝てしまえば、朝には両方満タンになっているんじゃないかと思います。

そんな感じで来年どんなMagSafeアイデアが登場するか、とても楽しみです。

MagSafeモバイルバッテリー「ZEERA」レビュー。必要なもの全部入り、しかし日本未発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です