iPhoneのキーボード酷すぎ!ATOK以外選択肢がなかった5つの理由

SHARE

iPhoneのキーボード酷すぎ!ATOK以外選択肢がなかった5つの理由

iPhoneXにして一番後悔したポイントはIMEの粗雑さでした。

もともとAndroidで最高峰のIME、POBox Plusを搭載していたXperiaに慣れていたこともあり、文字入力にものすごく苦労しました。

昔、短い期間でしたがiPod touchを使っていたこともあり、その頃からiOS(モバイル)のキーボードは酷いという話はよく聞いていたんですが、それから数年経っているにもかかわらずほとんど変わっていなかったとは…。

正直ここだけは、Appleが何を考えているのかわからないほどです。ノートパソコンのキーボードならMacbook Airが宇宙最強だと今も思うんですけどネ…。

というわけでATOKを買っちゃいました。

iPhoneのキーボードはここがダメ!ATOKにせざるを得ないこれだけの理由

iphone-x-atok-ime

こちらがiPhone XとATOKです。これを選んだ理由は、一番POBoxに近かったからです。そこで今回は、POBoxやATOKにあってiPhoneのIMEやGboardにない機能について触れていきます。僕が気付いてないだけだったらゴメンネ。

ATOKとPOBoxの共通点も合わせてご紹介しますので、もしもデフォルトIMEをお使いの方でXperiaのPOBoxやATOKに興味がありましたら参考にしていただけると思います。

注意
ただし比較するのはあくまでも「Xperia」のデフォルトIME、POBox Plusです。AndroidのデフォルトIMEやGoogle日本語入力(←Gboardとは別)、その他キーボードは含みませんのでご注意ください。

①ローマ字入力時は自動的にQWERTYモードを指定できない!

iphone-x-default-ime

iPhoneデフォルトの日本語IMEは2種類あります。かな入力モードとローマ字入力モードです。更に絵文字用、英語用がプリインストールされていて、追加で各国語バージョンをインストールできます。

この日本語IMEがクセモノで、かなモードの時は全部かなモード、ローマ字モードの時は全部ローマ字モードになります。

両方セットしておいて、左下のブラウザみたいなマーク(IME切替えボタン)を押して切り替えることは可能です。

でも、かな/ローマ字切替えボタン(あ→A)もあるんです。2つあると混乱しません?長いこと使ってたPOBoxでは(あ→A)を押して切替えていたし、尚更ややっこしいです。

iphone-x-atok-ime-mode-change-method

ATOKも似たようなものですが、IME切替えボタンではなくATOKボタンを使えるので、位置的にこちらのほうが使い慣れていて良いということです。

ATOKボタンについては後述する使い方の紹介のほうもご覧ください。

②半濁点を1回で入力できない!

iphone-x-default-ime-semi-voiced-point

これが最高に致命的でした。ちなみに無料のIMEアプリ「Gboard」も同じで、濁点キーを2回押さないと「゜」がつきません。

おかしいじゃないですか、かな入力モードはフリックであいうえおを切替えられるのに、濁点キーだけ対応してないなんて。

iphone-x-atok-ime-semi-voiced-point-swipe-to-change

POBox、ATOKは濁点キーを横にフリックすると半濁点を入力できます。

③カーソルキーが無い!

iphone-x-default-ime-cursor-key-not-found

こちらもiPhoneのデフォルトIME、Gboard共通です。カーソル移動できるキーがありません。なんでだと思います?

gboard-ime-curcor-3d-touch

iPhoneのデフォルトIMEとGboardは、カーソル移動に3D touchを使います。キーボードを強く押し込むとキーが消失するので、その状態で指を動かすとカーソルが移動します。

直感的ですごい!と思うかもしれませんが、感覚がかなりシビアで1文字だけ戻りたい時に使いづらいんです。

iphone-x-atok-ime-style-settings-cursor-mode

ATOKの場合、設定からキーボードのスタイルを変更できます。「カーソル」スタイルにすればカーソルキーが追加されますので、この方法が最もポピュラーかと思います。

iphone-x-atok-ime-cursor-left-swipe-to-back

ところが他のモード(デフォルトのATOKスタイルとか)でも戻る操作は可能です。Enterキーの上の「進む」ボタンを左にスワイプするだけ。こっちのほうが僕個人としては好きなので、ATOKスタイルでこの方法を活用しています。

④かなモードで数字を入力できない!

iphone-x-default-ime-conversion

iPhoneデフォルトのIMEの変換機能はなかなか多彩で面白いのですが、残念ながら日常生活の中で部首や読みから漢字を探す機会ってそんなにないんですよ。学生ならあるかもだけど。

POBoxは、かなモードで対応した位置のかなを入力した際に、対応した数字が変換候補に出てきます。
ちなみにPOBoxの使い方は過去に紹介していますのでよければご覧ください。

【Xperia】キーボード(IME)「POBox Plus」の快適入力方法(中級~上級編)

iphone-x-atok-ime-number
これが可能とわかったためATOK購入に踏み切りました。

⑤キーボードのサイズを調整できない!

iphone-x-default-ime-size-change

iPhoneのデフォルトキーボードとGboardにも片手モードはあります。左右どちらかに寄せて表示させるアレのことです。上で載せたキャプチャも左寄せにしています。

これはもちろんPOBox、ATOKにもあるんですが、ATOKだけはここから更に1段階進んだ調整ができます。

iphone-x-atok-ime-size-changer

少し縮小したり、左右両方に余白をもたせることもできます。手のサイズや指の届く範囲に合わせて調整できるのが嬉しいです。

以上5つがiPhoneデフォルトのIMEやGboardとPOBox、ATOKとを比べた際の大きな違いになります。

他にも、マッシュルームがなかったりしますが、最大の懸念点である定型文入力とパスワードマネージャー機能はありますのでそこはなんとか。ただ基本的にiOSのロジックは割り込みを嫌うようなので、クリップボード拡張のような機能は使えないのかな?

オマケ:ATOKで「かな」から一発で「数字」モードに切り替える方法

iphone-default-ime-input-mode-change

iPhoneデフォルトのIMEは左側に入力モード3種類のキーが並んでいるので簡単に切替えができます。

ただ、Gboardはこの部分にカーソルキー(進む専用)と変換キーが置かれているため、かなモードから「ABC」を押してもう一度「☆123」を押さないと数字にできません。

一方でXperiaのPOBox Plusは、切替えボタンを右にスワイプすると数字モードに切り替わります。

iphone-x-atok-ime-number-mode

iPhoneのATOKの場合、切替えボタンを下にスワイプすると数字モードになります。

iphone-x-atok-ime-alphabet-mode

押して切り替える操作に慣れている場合それでもいいんですが、数字モードからローマ字に戻りたい場合は切替えボタンを右にスワイプすれば呼び出せます。

iphone-x-atok-ime-kana-mode

ちなみにかなモードを呼び出すこともできます。この場合は切替えボタンを上にスワイプします。

ATOKの設定変更方法

ここからはATOKの使い方について、備忘を兼ねて書いていきます。

iphone-x-atok-ime-setting

ATOKをインストールすればホーム画面にアプリアイコンが追加されるのでそこからいつでも設定できますが、「変更したい」と思う時ってたいてい文字入力中だと思います。

そんな時にいちいちホーム画面に戻るのも面倒ですので、そういう場合はキーボードのATOKマークのボタンを押して設定を選ぶやり方を覚えておきましょう。

iphone-x-atok-ime-atok-key-mode-change

ちなみにATOKマークのボタンを押した時の機能は変更できます。デフォルトでは押しただけでメニューが開きますが、ここを押してローマ字や数字モードに切り替えるようにすることも可能。

機能を切替えた場合、メニューを呼び出すにはATOKマークのボタンを長押しします。

ATOKには定型文が豊富!

iphone-x-atok-ime-fixed-phrase-mode

カーソルキーの部分で触れたATOKスタイルをTomが気に入っている理由がこれです。

これは定型文を呼び出すボタンのようで、

iphone-x-atok-ime-fixed-phrase-variation

ATOKには標準でアスキーアートがいっぱい登録されていました。複数行使ったものだけでなく、顔文字を使った一行タイプのものもあります。これは地味に便利。

総評:1600円の価値はある!

いかがでしたでしょうか。

ATOKはモバイルアプリとしてはかなり高額の部類に入るため、迷っている方も少なくないと思います。

が、iPhoneのデフォルトIMEを体験した今、TomとしてはiPhone用のATOKは買う価値があると思います。

Xperiaの時は正直見向きもしなかったんですが、Xperia以外のAndroidでも買う価値はあるかもしれません。一部のARROWSにはATOKが標準装備されていたり、古いモデルの場合非常に近い機能のiWnn IMEとかも入ってたかもしれませんが。

ガラケーからスマホに変えて一番困ったのがブラインドタッチ出来ないことだと思う場合、検討する余地はあると思いますヨ!

そんな感じ。

AppStoreでATOKをダウンロード

ATOKの評価
入力の快適さ
(5.0)
機能の豊富さ
(5.0)
自由度、カスタマイズ性
(4.0)
標準のユーザビリティ
(4.0)
お買い得感
(4.0)
総合評価
(4.5)

2 Comments

匿名

まさに同じ状態です
私もAndroidから移行してATOK検討中です。以前はFUJITSUのULTIASを使っていました。ULTIASはFUJITSUとATOKがコラボ開発したようですが、 iPhoneのATOKはこれに劣るので悩んでいます。変えても不満は残るので。
本当に何年も前に戻ったかのようで文字入力にストレスを感じています。
この記事は参考になりました。
ATOKを利用中に標準のマイクボタンは利用できないですよねぇ?文字入力が非効率なのでマイク入力を頻繁に利用するようになりました。

返信する
Tom

コメントありがとうございます。
ULTIASそんなによかったんですか、ATOKはじめてなのでちょっと興味が出てきましたw
マイクは確かに使えないようですね…。
iPhoneのデフォルトIMEはQWERTY入力にしか興味がないんでしょうかね…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。