【IP65/68】Xperia Zシリーズは「バスルームでも使えます」、SONY公認の防水性能はやはり優秀?

上記は↓のページに記載されている文言です。

気になった発端は広告

AdSenseなどにたまに出るXperiaの広告にはいくつか種類があり、しかもSONY以外にも出しているところがあります。

こっちはGoogleが出している広告。Xperiaの紹介になっています。
これを見たのが1週間ほど前なんですが、どう見てもドロイド君が入浴してるんです。

グローバル版は防水性能にブレーキをかけたばかり

この話を覚えてますでしょうか。

発端はXperia Z4の発売時?
海外のSONY公式サイトにて「水中使用NG」の記述がされていた時期があったそうです。
また、IP65/68と謳いながら水中使用に関するポリシーを変更(簡単にいえば保証範囲を狭めた)ことで話題を呼んでいました。

当時の僕の見解は以下の通りです。

特に恐ろしいのが、密閉された筐体構造が逆にはたらいて端末の中と外で著しい温度差が生じ、その結果内部に結露が発生することです。

このため「風呂使用OK」といいつつも湯船に漬けることは推奨しません。ここだけは間違えないほうがいいと思います。

過去、TomのZ3 Compactも内部に結露が発生し、カメラのレンズの内側が曇ったことがあります。

しかしキャップを完全に閉めていれば相当強力な防水性能を持つことはZ2が証明しているため、「浸水」に対する心配はほとんどいらないはずです。
 ※ただしZ2はUSBポート部分にもキャップがあります。

あくまでも個人的な主観ですが、薄さを追求したZ4シリーズはZ2ほど蓋の圧力が強くない可能性もあるのかな?
とか、Z3シリーズは蓋のパッキンがかなりチャチいと感じるため(特にZ3 Compactはフレームが金属じゃなく樹脂ですし)、Z2よりはリスクが高いのかな?と感じたりもします。

ずっとオムニバランス、中身もそっくりなZシリーズですが、このへんは世代によってかなり違うので注意が必要かもしれません。
Z2は蓋だけでなく、留め具もフレキシブルで回転できますしネ。

とはいえTomはZ、Z3 Compact、Z4、Z4 Tabletは風呂場に持ち込んで使っています。換気に気をつけて湯気が室内に充満しないようにして、絶対に湯船に漬けないで操作しますけどネ。

追記:Z3/Z4にも記述あり

こちらがZ3の記述。場所は↓

こちらがZ4の記述。場所は↓

文言が完全に使い回しっぽいため、調べるときりがなくなりそうなのでこの2つしか見ていません。
なので他のZシリーズが対象外というわけではないはずです。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。