Xperia Z4 Tablet SO-05G ファースト・インプレッション

じゃん!!

お盆を利用して実家に帰省した際、両親宛にドコモからクーポン券が届いていました。
1枚は契約者(親)専用でガラケーからスマホへの機種変時に10800円OFF。
もう1枚は家族も使えて、スマホ・タブレットの新規・MNP時に10800円OFFだったかな。

後者をもらって買いました。自分のSO-02Gとデータをシェアするプランに入ったのでLTEもok。

純正のキーボードケース BKB50 も買うつもりでしたが、在庫がなかったため貯まってた楽天スーパーポイントで購入。

到着が楽しみです。
あとタブレットが入るバッグも買わなくちゃ。どなたか良いの知りませんかネ。

で、ファースト・インプレッションと銘打ったものの、発売から時間が経っているため基本的なことはあらゆるメディアに扱われた後なので、気に入った点のみに絞ります。

キャップレス防水USBが最高!

国内向けではZ4から採用になったキャップレス防水のUSBポートが筐体の美しさをいっそう際立たせています。
これによる差分としては、

  • USBポートカバーがない
  • マグネット充電端子がない

ということです。

このためかわかりませんがSO-05GにはUSBケーブルどころか充電スタンドすら付属しません(イヤホンもないため本体しか入っていません)が、市販のものが使えるそうです。
イヤホンジャックもキャップレス防水なので、SIMカードとSDカードスロット部分(一体型)にしか蓋はありません。

とはいえもう充電時に専用のマグネットケーブルを装着したり、いちいちスタンドに立てる必要はなくなりました。
唯一デメリットといえそうなのはZ3Cの付属スタンドを使い回せないことかな。

薄くて軽いことも感動モノでしたが(例によってイヤホンジャックの直径が本体よりデカイためはみ出してて笑える)、個人的にはこのUSBポートに惚れました。

その理由はもう1つあって、SO-05GのUSBポートは短い方の辺についてます。
これのメリットは純正キーボード BKB50 を装着した時に表れます。
装着時にポートが塞がれないはずなので、microUSBメモリを使ったり、充電しながら操作できるはずです。

防水設計の落とし穴

SO-05Gの傷・埃防止用のカバーに印字されているものです。

せっかくキャップレス防水を実現したものの、内部への浸水を防ぐだけでポート自体が防水仕様ではないようで、濡れた状態で充電してはいけないとされています。

少なくとも濡らした直後に充電したい時は、ポートまわりと(可能なら)ポート内の水分を取ったほうがよさそうです。

テレビアンテナ内蔵!

何気に自分用端末としてははじめて NOTTV に対応した製品だったので、これも興味本位で契約。

これだけの画面サイズがあればフルセグも楽しいんでしょうかネ。バッテリーももちそうだし、root取る予定もとりあえずないから dTV もよさそう。
スタンドがわりに使う予定の BKB50 は硬い面専用となる可能性があり、ベッドなどに置くと倒れちゃう懸念もありますがどうなんでしょう。

さっそく電子書籍用に

調子に乗ってやりすぎた。

SO-05Gは内部ストレージ32GBの1モデルのみのため、悩む必要はなかったです。
これまでずっと電子書籍端末としてきたSO-02E(16GB)に dブック と Amazon Kindle と Playブックス と自炊本を入れてたんですが、空き容量が1GBくらいになってひぃひぃ言ってました。

32GBならいけるかと思いきや、自炊本が意外と重かった…。はやくSDカード買わないとダメか。
SO-02GにSanDiskの64GB、SO-02EにSamsungの32GBが入ってるけど、あとは4GBとか2GBしかないんですよね…。

リーダーアプリはこちらを採用。

Google play ソニーの電子書籍 Reader™

ソニーの電子書籍 Reader™
制作: Sony Marketing (Japan) Inc.
評価: 3.3 / 5段階中
価格: 無料 (2015/8/16 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

今まではずっとPerfect Viewerでしたが、SDカードを買うまではこれを試してみようと思っています。
多くのファイルフォーマットに対応しており、内部ストレージにある「Reader」フォルダ内に保存したものを検索できるので、拡張子の変換は不要です。保存場所を移動するだけでok。

ファースト・インプレッションはそんな感じです。

オマケ:Google Playサマーキャンペーン2015開催中!

今、ドコモで対象のAndroid端末を購入すると、ランダムで500円 or 1000円 or 1万円分のGoogle Playギフトクーポンがもらえます。

こんな小冊子が同封されていました。

ドコモが開催したキャンペーンのため(専用の案内ページはこちら)、ここに記載されたシリアルコードをGoogle Playで直接打ち込んでもエラーとなります。

シリアルコードは、この冊子の裏面に小さく表示されたQRコードを読み取って、専用の入力画面にアクセスしてから行います。

コードが認証されるとGoogle Playに自動で転送されるので、クレジットを追加するアカウントを選んでゲットします。
残念ながらTomは500円でした…orz ナンデヤネン…。

このキャンペーンは2015年9月13日(日)まで行われています。
対象となる商品は、購入金額が2000円以上になる「Google Playに対応した」Android端末とのことです。
※スマートフォン for ジュニア、らくらくスマホなどはGoogle Playに非対応のためクーポンはもらえないようです。

金額に制限があるものの契約事務手数料や登録手数料を含むと書いてあるため、基本的にスマホ・タブレットならほとんど該当するんじゃないでしょうか。

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。