LollipopではVPNの制限が緩和、「Opera Max」の一番ウザい部分がなくなって快適に

Xperiaだけなんでしょうか?
他の端末のこの部分を見たことがないのでなんともいえません。

Lollipopで変わったVPNの挙動

「Opera Max」を使う時に必要なVPNの表示が大きく変わっています。

KKまでは、通知の一種として消せない(Androidシステム的なコア・アプリが出している)通知が常駐していましたが、それがなくなってこんなにコンパクトになっていました。

タップするとこうなります。

マテリアルデザインで大きく変わった通知領域ですが、最大の難点として設定ボタンが小さすぎて押しづらいことが悩みの種でした。
が、こちらに関しては小さくなってよかったと思います。

しかも今回のメリットはこんなもんじゃないんです。

もっとでかいメリットとして、再起動時に無効化されない点があります。

KitKatまで毎回出ていたこの画面が出現しません

キャリア機でもMVNOでも、モバイルデータ通信を多用するならおすすめの「Opera Max」、ロリポ端末とは更に相性が良くなったといえるんじゃないかと思います。

Google play Opera Max – データ管理

Opera Max - データ管理
制作: Opera Software ASA
評価: 4.3 / 5段階中
価格: 無料 (2015/8/3 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

※ただしVPNによるトラフィック圧縮はいわゆる「通信の最適化」と似た挙動を取ることがあります。例として画像DL時にトラフィックを圧縮する場合、EXIFが削除されることがあります。これについては下記を参考にしてください。

「通信の最適化」はキャリア以外でも行われます。適切な状態で確認しないと意味がないので注意! | トムとロイド「通信の最適化」はキャリア以外でも行われます。適切な状態で確認しないと意味がないので注意! | トムとロイド

再起動繋がりでもう1つ、タスク履歴も再起動でクリアされていないように見えます。
たぶん稼働はしておらず、「起動したアプリの履歴」として残ってるんじゃないかなとは思いますが、ちょっと気になる挙動です。

そんな感じ。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。