【マジかよ】Lollipop Xperia、設定画面が2カラムだった

おはようございます。暑いですネ。
寝る前にサーモスの真空タンブラーに3つ入れた氷がまだ残ってるおかげで生きてます。

ところで、ふと端末を見たら画面がこんなでした。

1280×720、アスペクト比16:9のZ3 Compactです

スマートフォン用の16:9という細長い解像度でこれなので、FHDのZ2とかも同じなんでしょうか?

AppSettings等のXposedモジュールは使っていません。

しかし2カラムになるのは横画面時限定、しかも設定画面のトップのみになる模様。
さらにさらに、もしかしてXperiaテーマで変わる設定画面の背景色などの影響もトップだけは受けないっぽい?
そして余白(画像でいうと「Xperia接続設定」の下)はタップできません。

ざ、雑い…。

Lollipop化したZ3CにはこうしたKKとLPの融合というか、無理矢理マテリアル化した箇所がいっぱい見受けられます。
せっかくカードスタイルになった履歴画面にKK時と全く同じスタイルでスモールアプリが居座ったりw
テーマや対応したホームアプリなどを使ってナビバーの背景を透過、半透明にするとスゲー浮くんですよね…。
せめてアイコンの背後にサークルくらい置けなかったのかとry

むしろどっちかっていうと今までのXperiaのUIのほうが好きなだけに、ロリポに侵食されているようでちょっと悲しいです。

それはともかく、なんで今まで気付かなかった…と思ったらここしばらくケーブルで充電してたのと、充電中はスクリーンセーバーを使っているので映らなかったようです。
そもそも設定画面とか気にしないしネ。

ところで、画像に映っている「500 Firepaper」というのがスクリーンセーバーに設定しているアプリです。
大手写真コミュニティ「500px」から美しい写真を受信してくれるアプリで、設定項目が多くてなかなか良いので紹介します。

Google play 500 Firepaper

500 Firepaper
制作: Chainfire
評価: 4.4 / 5段階中
価格: 無料 (2015/8/3 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。