好きなだけ集中できる。画面をつけっぱなしにするスモールアプリがイカス!

ホーム画面を作る時やブログネタを作る時など、スマホとパソコンを同時に使っている時に厄介なのが自動消灯です。
スマホとしては電力消費が激しいバックライトは極力使いたくないので輝度を下げ、ついでに消灯時間を短くしておきたい。こうしておくとポケットやバッグの中で知らずに点灯してしまった時のリスクも軽減できます。

でも、ちょっと目を離してまた戻ってくる時はつけっぱなしがいい。

今までは開発者向けオプションの「スリープモードにしない」を使っていました。
この項目を使うと、端末が充電されている時は自動消灯しないようにできます。パソコンと同時に使う時はUSBやマグネットケーブルを使って充電しっぱなしにすることでなんとかなります。
が、マグネットケーブルは外れやすくてめんどくさいんですよね。

また、たとえば外出時に地図を眺めながら目的地を目指す時なんかにも不便です。
僕はGXの頃から消灯時間を5分にしているのですが、正直長いかなーとずっと気になってました。
恥ずかしい話無精なので、漫画読みながらTwitterとかもたま~にしますw

そこでPlayストアを探ってみたらイイのがありました。

起動しておくだけで消灯しなくなるスモールアプリ

これはXperia用のスモールアプリです。
そして、だからこそイカしているのです。
このアプリの特徴は、

  • 履歴ボタンから呼び出せる
  • 画面の隅に格納できる
  • 起動しただけで効果があり、ボタンを押す必要がない

となります。

魅力1:履歴ボタンから呼び出す

アイコンもちょっと変わっててカッコイイ。
このスモールアプリのメリットはGoogle Now以上です。

まず、Google Nowと同じくナビゲーションバーをトリガーにしているため、手前にどんなアプリを開いていても呼び出せます。フルスクリーンのゲームであってもナビバーは呼び出せます。

そしてスモールアプリのため、それまで開いていたアプリを閉じないし後ろに隠しもしません。呼び出した後そのまま元のアプリに戻ることはGoogle Nowには不可能です。

魅力2:最小化できる

そうはいってもこのアプリにもUIはあります。

ここのメニューでウィンドウの色を変更できます。な、何の意味が…w

メイン領域に表示された「Minimize」ボタンを押すと最小化できます。

ウィンドウの左上をスライドして画面の「右端」か「下端(ナビバーの上)」に持って行くとアイコンサイズに最小化されます。
スモールアプリってここがイイよね。

Z3 Compactでは通知領域から最小化したり閉じることができました。たぶんKKのXperiaならみんなできるんじゃないかな?

魅力3:操作不要

画面から目を離してまた戻ってくる時って、たいてい”操作”はしてないですよね。
どちらかというと端末は机に置きっぱなしで触れてもいないことが多いはず。となると、ボタン操作が必要なアプリはめんどくさいです。
このアプリはそれがいらないので気に入りました。呼び出しておいて邪魔な時だけ格納、それでも邪魔になったら移動できます。

そんな感じなのです。

ダウンロード

ScreenStay Small App

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。