【Xposed】Unbounce日本語化キター!そしてインストール時に気づいたXposed Frameworkの進化

トムとロイド: 【Xposed】Unbounce(旧NlpUnbounce)にUIが追加、あらゆるWakelock、Alarmを制御へ(有料)

こちらで紹介したモジュール「Unbounce」が、おなじみAndroPlusさん(と匿名のどなたか?)によって日本語化されました。

Unbounce でウェイクロックやアラームの実行間隔を変更する AndroPlus

ありがとうございます、こんな項目が多くて英語だらけの頭痛モジュールを…m(>Д<)m

Playストア版が一足先にv1.3.1へ

今までリポジトリからDLして使っていましたが、こちらはまだ1.2.2の模様。

同じものがPlayストアでも公開されており、こちらがv1.3.1で各種翻訳され、ダークテーマが追加されていました。

なので一旦リポジトリ版をアンインストール&再起動、その後Playストア版をインストール。

そしたら通知にこのように出ました。
今までXposed インストーラの通知は「再起動」「簡易再起動」ボタンが置かれていたんですが、「有効にして再起動」に変更されていました。いつの間に…。

もちろん言葉どおりで、ここを押したらモジュールが自動的に有効になりました(チェックが入っていた)。
便利になりましたねぇ。

一旦消して入れなおしたため案の定初期状態に。
しかし消す前にしていたDonateは生きていたようでほっと一息。

こりゃわかりやすい!!
個々の情報については今後の解析・アップデート待ちですが本当にありがたいモジュールになりそうです。

ちなみに下の方に「非推奨」まであるようです。
そんな感じ。

ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。