Pixel 3aの「おやすみモード」と「夜間モード」が面白い!画面がモノクロやセピアに変身

最近のAndroidにはiPhoneと同じようなおやすみモードがあると聞いてさっそく試してみました。

iPhoneの場合、輝度を最低から更に下げる「ズーム機能」が寝る時に重宝するのですが、Pixel 3a(Android)の場合は画面の色味を落としてしまいます。

指定した時間は画面をモノクロにするPixel 3aの「おやすみモード」

Pixel 3aの「おやすみモード」

こちらがPixel 3aの「おやすみモード」の設定画面です。

名前の通り、寝る時のスマホの設定を自動変更するモードのため、サイレントモードのスイッチも用意されていますね。

使い方は、まず右上の青い帯の中のスイッチをONにして「おやすみモード」を有効にします。

次に「開始」と「終了」から「おやすみモード」を有効にしたい時間帯を設定します。部屋を暗くする時間帯がいいのかな?

最後に「グレースケール」をONにすれば準備完了。

指定時間になると画面がモノクロ(白黒)に変わります。

「おやすみモード」でモノクロになったPixel 3aの画面

Pixel 3aの「おやすみモード」で画面がモノクロに

この通り何をするにも画面はモノクロです。

カメラだけでなく、ホーム画面でも、アプリを開いても、動画を開いてもモノクロ一色。

普段見ることのない画面のためちょっと新鮮です。

さらに「夜間モード」を使えばセピアにもできます

Pixel 3aの「夜間モード」

「おやすみモード」とは別に「夜間モード」という設定も用意されています。

それぞれの違いは大雑把かもしれませんが、「おやすみモード」の場合は文字通り寝ることを想定しているわけですから、ONにした後でスマホを使うことは考えられていないはずです。

だからモノクロ画面やサイレントモードで通知を全て遮断するなど、極端な設定になっているわけです。

対して「夜間モード」は暗がりでスマホをいじることを想定し、目への負担を軽減するためのものだと思います。

「夜間モード」の設定方法も「おやすみモード」と似ていて、有効化したい時間を決めておけば毎日自動的に切り替わります。

「夜間モード」でセピアになったPixel 3aの画…面?

Pixel 3aの「夜間モード」で画面がセピアになっていない

こちらが「夜間モード」を有効にしたPixel 3aの画面です。セピア色にな……ってるかどうかよくわかりませんね。

なのでホーム画面で比較してみました。

Pixel 3aの「夜間モード」なしとありの比較

はじめスクリーンショットを撮ってみたのですが変化がなかったため、写真にしました。

このように「夜間モード」を有効化した場合、画面がセピア色になります。若干目に優しい感じ?

やはり「夜間モード」では色が完全に失われることはないようです。

ところが、「夜間モード」と「おやすみモード」を両方有効化すると面白いことになります。

「おやすみモード」と「夜間モード」を両方ONにしてみた

Pixel 3aの「おやすみモード」と「夜間モード」を両方使う

この通り、Pixel 3aで「おやすみモード」と「夜間モード」を両方有効化すると、画面がセピア一色に染まります。

先程の「夜間モード」だけの時と違い、色は完全に失われます。

Pixel 3aの「おやすみモード」と「夜間モード」を使って写真を撮る

カメラだってこの通り、セピア一色です。

注意
ですがもちろん、これはあくまでも端末の画面上での見え方です。撮影した写真やスクリーンショットはきちんとリアルな色が保存されますので、心配いりません。

「おやすみモード」と「夜間モード」の設定方法

Pixel 3a Android 9.0の「おやすみモード」と「夜間モード」の設定場所

Pixel 3aのというかAndroid 9.0 Pieの設定画面です。

「おやすみモード」を設定したい場合は「Digital Wellbeing」の中にあります。こちらはドロワー内にアプリとして出現させることもできます。

「夜間モード」を設定したい場合は「ディスプレイ」の中にあります。

どちらも有効化/無効化したい時刻を決めておけば毎日自動で切り替わるので、両方重ねたいなら同じ時刻を指定しておくと良いかと思います。

また、「おやすみモード」の設定の中に「夜間モード」の設定に移動する項目があるので、先にDigital Wellbeingから入るとすんなり設定できるかもしれません。

使い慣れてくると「あ、もうこんな時間か」とスマホを見て思うことになるでしょうw

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。