ポートレートの深度コントロールはiPhoneXでも可能

iPhone XS / iPhone XS Max 、そしてiPhone XR には標準の「写真」アプリで被写界深度を調節できる機能が追加されるそうです。

これによって「ポートレート」モードで撮った、背景がボケた写真のボケ具合(範囲)を撮影後に調節できるようになります。

が、この機能自体はiPhone Xでも可能です。標準の「写真」アプリではできない、というだけ。

被写界深度を後から変更する方法 – Darkroomを使用

iPhoneXでDarkroomでポートレート写真の被写界深度を変更

この通りiPhoneXでも、被写界深度を調節できる機能を持ったアプリを使えばポートレートモードで撮った写真のボケ具合(被写界深度/ひしゃかいしんど)を後から変更することができます。

要は被写界深度がEXIFのように写真に保存されていればいいだけ。XS / XS Max / XRでは、標準の「写真」アプリでいじれるようになったというわけです。

写真加工アプリ「Darkroom」なら基本無料(クリエイティブフィルターのアンロックなど一部機能のみ有料)で使えます。今のところ被写界深度の調節は無料版で利用可能です。

またDarkroomでは「前景」「背景」の被写界深度を別々に設定できます。

このへんのやりかたは姉妹ブログ「Photom」をご覧ください。

Darkroomでポートレート写真のボケ具合を後から変更する方法

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。