SONY WI-SP500はなぜ「コスパ最強」なのか?実機レビュー

SHARE

SONY WI-SP500はなぜ「コスパ最強」なのか?実機レビュー

というわけで前回、完全ワイヤレス・全部入りイヤホン「WF-SP700N」をレビューしましたが、その最後でちょこっとだけ触れた1万円のBluetoothイヤホン「WI-SP500」もガマンできずに買っちゃいました。

デザインに一目惚れ。超かっこよくないですか?

しかもケーブルの途中にコントローラーがついてないので、すごく快適!

個人的にはこちらのほうが気に入っちゃいました。

しかも、WI-SP500は今どき超珍しいオープンエアー型なんですよ。マジかよ。

イヤーピースはカナル風味。しかし本体は超希少なオープンエアー型!

SONY WI-SP500はオープンエアー型!

イヤーチップ(イヤーピース)は出っ張っててちょっと特殊なカナル型イヤホンのように見えますが、取り外すと昔懐かしのオープンエアー型であることがわかります。

僕が知っている製品に限りますが、Bluetoothボックスレスでオープン型のイヤホンって見たことないです。Air Podsがかろうじてそうなのかな?

カナル型は耳の穴にギュウギュウにゴムを詰めるため遮音性が高く、簡易的なノイズリダクション効果も期待できるのですが、オープン型は耳への負担が少なく長時間の使用に向いていると思います。

ところでこのゴム(イヤーチップ)、形状が特殊なことが幸いして取れにくくなっているため、一般的なカナル型イヤホンよりも遥かに長持ちすると思います。

加えて表面のイボが気持ちいいwそして外れにくい。

また、WI-SP500もIPX4相当の防滴に対応しており、スポーツでも使えます。

両方使った感想としては、耳の穴に詰める部分の違いでWF-SP700NのSサイズよりも圧迫感が少ないですよ。

ケーブルの途中に何もないため超快適!

SONY WI-SP500の同梱品

こちらが同梱品一覧です。

右上のクリップみたいなものは、弾丸みたいな形状の本体を2本差し込んで収納する時に使います。ケーブルに装着できるので普段からつけててもいいけど、この製品のいいところはケーブルの途中に何もないことなので、そこはお好みで。

ケーブルの途中にコントローラーを置くと重心がずれてしまい、歩いてると片寄ってきちゃって気持ち悪いんですよね。WI-SP500はそれがありません。

ノイズキャンセリングはなし。そのかわりバッテリーは最大8時間持続!

そしてWI-SP500は、公称値で最大8時間の連続再生が可能です。WF-SP700Nは3時間でしたからおよそ2.6倍。

SONY WI-SP500のR側に充電ポートがある

本体R(右)側に蓋がついていて、引っ張るとmicroUSBポートが出現します。ここから充電するわけです。

また電源ボタンとコントローラーもR側についています。「+」「-」部分が出っ張ってるので音楽を聴きながら操作する時もわかりやすいですよ。

SONY WI-SP500の電源ボタンとコントローラー

コントローラーは、1回押すとボリュームを変更し、長押しすると曲送り/曲戻しを行います。マイクもついているのでハンズフリー通話やSiri/Googleアシスタントの呼び出しも可能。

電源ボタンは先端についており、長押しでON/OFFとペアリングモードを切替えます。

ボタン類は全てR側なのでL(左)側を押すことはありません。これもわかりやすい設計ですよね。

もちろんNFC搭載でAndroidはかざすだけ!

SONY WI-SP500のNFCペアリングマーク

SONY製イヤホンやスピーカーにはもれなく搭載されているといっても過言ではないNFCですが、WI-SP500にもばっちりついてます。

音声の遅延なし!AACフォーマット対応

WI-SP500はAACに対応しており、高品質の音を遅延なしで転送します。

WF-SP700Nも対応はしていたんですがなぜか切替えても遅延が発生しており、音楽再生には向いていますがゲームには向かないんですよね。

なおWI-SP500の対応コーデックはSBC/AACです。
またWF-SP700Nの対応コーデックもSBC/AACで、両製品ともにapt-Xには対応していないためそこは注意が必要です。

それぞれのコーデックの特徴は以下のようになります。

SBC AAC apt-X
標準音質、遅延長め 高音質、圧縮率が高い、遅延短め 高音質、圧縮率が低い、遅延短め

なおiPhoneはapt-Xに対応していないようなので、遅延を気にする際はAAC対応製品を探すといいようです。

というわけでWI-SP500はモンストする時にも使えるので、助かってます٩(ˊᗜˋ*)و

しつこいですがケーブルの途中に何もないので、汗をかいてもベタベタしません。それにレジとかでちょっと外す時、そのまま首にかけておけるのもお手軽ですよ。

そしてやっぱりデザインがいい!SONYのセンスは本当に好きです。あ、Xperia XZ2の話はナシで。あれはSONYてかXperiaです(言い訳)。

そんな感じ。

全4色。ブラック、ホワイト、イエロー、ピンクがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。