【コラム】前略、母がスマホを持ちまして。

あけましておめでとうございます。
2016年最初のブログポストです

ただいま実家から帰ってまいりました。

現在我が家は喪中につき、おめでたいご挨拶のみ省略させていただきます。ですがそれは面識のないSNS上の知り合いには関係ないことなので、うっかり送っちゃった人もいます。あと送ってくださった方はありがとうございます。

2016年も『トムとロイド』をよろしくお願い申し上げます。

1年分のもふもふを補給しました

猫
撫でろのポーズ

半年ぶりに愛猫と対面し、あどけない姿を目とストレージに焼き付けてきました。
小憎らしいことに抱っこされるのが嫌いなタチでして、背中の脇のほうをそっと撫でると怒ります。
なのでモフモフモフモフモフモフモフモフモフモフくらいした後はこっちの口のにおいを存分に嗅がせてました。なんなんだ…。

さて年末に書いた母親のスマホについて、いろいろとあったので顛末をまとめたいと思います。

希望は半分しか叶わなかったけれど

らくらくスマートフォン3 F-06F
らくらくスマートフォン3

結局すったもんだの末に「らくらくスマートフォンプレミアム F-09E」は手に入りませんでした。

出発前に地元のドコモショップに電話した時に「在庫ありますよー」と仰っていたので安心していたんですけどね。

駅まで迎えにきてくれた母にさっそく話を切り出したところ「明日でいい」と言われ。
よくよく調べてみると、元旦もドコモショップは通常営業していることがわかったので「じゃあいっか」と。

で、翌日開店と同時にドコモショップを訪れたのですが、まさかの「もうないですね~」と言われてしまいました。

それはそうと、年越しは僕の実家ではなく両親の実家、つまりばーちゃんの家で過ごします。なので一旦僕の実家に寄った後、車で高速を駆ける必要がありました。
そのため、実家の付近とばーちゃん家の付近、全部で5~6件のドコモショップ全部に電話して聞いてみたんですが、どこにも在庫がない状態orz

そんなわけで同じく富士通製の「らくらくスマートフォン3 F-06F」になりました。

こちらはGoogleのサービスが一切入っていない、完全なドコモ仕様のらくらくスマートフォンです。

そのため「(僕にとっては)教える操作が半分程度に減り」、「(母にとっては)覚える操作も半分程度に減り」、初心者としてはまずまずの好条件でのスタートとなります。
ただし一番期待していたGoogle Nowがないため「できることも半分」しかありません。

らくらくスマートフォン3にはアシスト機能がないので、ホームボタン長押しで「しゃべって検索」を呼び出すことができません。

ARROWSかAQUOS、いっそXperiaかiPhoneにしようかとも迷いましたが、最初だからあえて機能の少ない機種を選んで練習し、使い慣れたら機種変しようという約束でらくらくスマートフォン3に落ち着いた次第です。

ただ、(内容は忘れたけど)高齢者だったか長期契約者だったか、どっちかの割引に該当したようで、契約から2年間は毎月4000円強の大幅な値引きが適用されるとのことでした。
なのでカケホーダイとデータ通信2GBのプランに加入したものの、月額は3000円ちょいだったはず。
これに加えて(機種変を前提としたことで)本体代金を一括で支払ったため、月々の負担はけっこう軽そうです。

写真のアップロードを自動化しました

フォトコレクション

インターネットは「検索」と「Eメール」以外はほとんど使わないとのことで、データ容量は少なめのプランに。
そしてドコモの「フォトコレクション」を使い、カメラで撮った写真を自動でオンラインにアップロードするよう設定しておきました。

フォトコレクションはドコモIDを知っていればアクセスできます。おかげで今、横浜から母のスマホで撮った写真を閲覧できています。

GoogleドライブとFolderSync、もしくはGoogleフォトを使おうと思ってたけど、なんとかなったのでそこは安心しました。
枚数や画質も調整したけど、万が一オーバーするようならWi-Fiを入れようと思います(幸い実家にネット回線は引いてある)。

SMSのかわりにLINEを導入しました

ドコモのスゴ得コンテンツ
スゴ得コンテンツ

Google Playには対応していないものの、ドコモのアプリ配信サービス「スゴ得コンテンツ」は使えるので、LINEをインストールすることはできました。
ついでになぜかTwitterもプリインストールされてたけど、そっちはアンインストールw

そもそもSMSとメールを混同しているような母でしたので、使いやすさというよりもわかりやすさを重視してLINEをすすめてみました。
SMSの何がいけないって文字数が増えるとMMSになっちゃうところ。こっちはわかってるからいいけどあっちがわかってないので、できれば使わせたくなかったんですよね。
※僕と母の間だけならMMSに問題はありませんが、相手がMMSに非対応のガラケーだと送信できないという問題があります。

サインアップは僕がやったんですが、電話帳が吸い取られると同時に母の友達も大勢LINEをやっていたようで、設定してる間に何件もメッセージを受信しててちょっとびっくり。
僕のIDを登録した後でID検索を不可、プライバシー設定も強化しておいたので一応大丈夫だとは思います。

ついでながらセキュリティはプリインストールされた「ドコモあんしんスキャン」をONにしてきました。

とにかく「怖がるな」と伝えました

せっかく使い方を教えたのに、教え終わって端末を渡すとすぐにポイッと置いちゃうか充電しようとするんです。

覚えるためにはまず何でもいいから操作してみること、そうしなきゃ始まらないことを伝え、「どうせ最低限のサービスしか入ってないんだからどこでもいいから触ってみろ」と伝えてあります。

会員登録が必要といわれたら無視してホーム画面に戻ればよし。

必須のID(dアカウント、ドコモアプリパスワード、ネットワーク暗証番号、LINEのIDとパスワード、その他一部サービスのID)だけはなんとか覚えてもらって、その後最低限の使い方を伝授。

  • 画面の点け方(電源ボタンだけでなくホームボタンでも点けられること)
  • タップのやり方(らくらくスマートフォン3は感圧式なので「強く短く」押すことを強調)
  • 電話のかけ方(ダイヤル画面、履歴画面、電話帳の出し方)
  • 電話の受け方(ボタンの位置と終話方法を実際に僕のXperiaから発信して実演)
  • マイクの位置
  • カメラの使い方(フラッシュは自動がいいとのこと)
  • 写真をメールに添付する方法(ギャラリーアプリの使い方。写真を選ぶと「メールに添付」というでかいボタンがあったので楽でした)
  • IMEの使い方(ATOKは賢いですが複雑です)

ぐらいですかね。

「ホームボタン」と言っても通じない程の初心者だったので、バックキー、マルチタスク、共有ボタンの一切を考えなくていいらくらくスマートフォン3は意外と相性が良かったかもと思っています。

せっかくだからとお土産のつもりでアクセサリ類もいくつか買っていったんですが、そこに含ませたGoogle Playギフトカード3000円分は出番がなくなっちゃって自分で使いましたw

あと、背面に貼り付けてキックスタンドとしても活躍するリング型アクセサリは手帳型のカバーがいいと言われたのでお蔵入り。仕事でよく持ち歩くので前面を保護できるものがよかったらしいんだけど、液晶保護フィルムは買いませんでした(タッチ感度に影響するからと説得)。どうせ機種変前提だし、幸いこの機種もフロントは強化ガラスなのでね。

らくらくスマートフォン3のいいところとして、前面と背面に1つずつ、両面にマイクがついています。そして専用のフリップカバーには背面のカメラ穴と一緒にマイク穴、前面のスピーカーにも穴がついていたので、畳んだ状態で通話ができるとのことで気に入っていました。

もう1つ、ネックストラップも買っていったんですがこれは使ってくれるようです。主にクリップでポケットに留める部分だけですが。

お土産としてじゃなくて一緒に選べばよかったかなwでも電気屋行く時間はなかったし。

そんなこんなでいろいろとありましたが、現在母はスマホを使っています。
帰りの電車待ってたら「もう乗った?」とLINE来たので使えてはいるようです。

早く使い方に慣れてもらって、次にGoogle対応のらくらくスマートフォンが出たら機種変も視野に入れてみようかとか、次はXperiaを勧めてみようかとか、いくつか話もしました。
使い勝手が根本から変わるのでiPhoneはたぶんずっと勧めないと思います。

そんな感じで新年の顛末でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。