docomo M Z-01Kで空に向かってタイムラプス撮影してみた

前回のZ-01Kのカメラレビューで行った夜景撮影対決の結果に不満だったので試してきました。

Z-01Kは標準でタイムラプス撮影が可能です。が、今回使ったのは別の機能になります。

タイムラプス動画ではなくタイムラプス写真。つまり長時間露光モードを使ったわけですネ。

Z-01Kの長時間露光モードとは

Z-01Kの長時間露光モード

Z-01Kの標準カメラを起動し、マニュアルモードの右側にあるメニューボタンを押して「長時間露光」を選びます。

ちなみに「スーパーナイト」も試してみましたがこれは夜景用でしょうか、光源の無い空に向けると明るさが足りませんでした。

あと、「タイムラプス」を選ぶと動画撮影になります。

Z-01Kの長時間露光モードで夜の空を撮影(20分間)

Z-01Kで長時間露光

いやいやいや明るすぎでしょ!

どんだけ……っていうより、どこからそんなに光を集めたんだw

夜中だってのにこんなクオリティになっちゃったもんで建物とか色々くっきり映っちゃってたため、下半分は切り取りました。

ホントは1時間くらいやるつもりだったんですが、徐々に画面を侵食していく雲の量が不安で短めで切上げました。晴れた日にリベンジしたいですネw

しかしまさか関東のキタネー空明るい夜でもこんなに星が撮れるとは…。

撮影開始直後からすごいクオリティ高かったです

Z-01Kの長時間露光撮影の様子-iPhoneXで撮影

前回の写真もこうやって手すり部分に端末を立てかけて撮ってます。

Z-01Kの長時間露光モードで撮りはじめたら、画面がものすごく明るくてビックリ。しかもピントもバッチリなんですよね。

前回のシャッタースピードを7秒にしたやつと何が違うんだ…。

そんな感じで、Z-01Kは夜の風景写真もしっかりサポートしていることが確かめられました!

次田舎行った時にも試したいなー。

あ、前回のZ-01Kのカメラレビューはこちらです。

docomo M Z-01Kのカメラを徹底解剖!マニュアル撮影は可能、しかしレンズが1個しかない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。