なぞってスクショ、なぞって翻訳、指一本ですぐ使える多機能ランチャーアプリ「fooView」

久々に面白いアプリを見つけました。

「fooView – Float Viewer」は、画面の隅にフロートボタンを常駐させるランチャーのようなアプリ。

めちゃくちゃ多機能で、アプリの呼び出し、ファイルビューワー、検索、翻訳、共有などの機能を指一本で即座に呼び出せるようになっています。

まるでAndroid版Screenpresso!画面内の好きな領域をスクリーンショット可能

fooview_screenshots

フロートボタンを引っ張ってカーソルを出現させ、撮影したい場所で指を止めます。

するとカーソルの色が変わるので、そのまま引っ張って領域を指定、指を離すとその部分をキャプチャできます。

指一本でできる”範囲選択”でキャプチャだけでなく文字の翻訳も可能!

fooview_translate

範囲選択後にこういうウィンドウが表示されます。

上半分が翻訳、アイコンをタップしてコピーなどもできますし、翻訳ボタンを押すとGoogle翻訳のポップアップウィンドウが出てきます。

下半分がスクリーンショットで、画像として保存したりSNSに共有したりできます。

引っ張る方向で機能が変化!アプリの切替えや戻る操作も搭載

fooview_app_switch

フロートボタンを長押しするとタスクスイッチャーになり、アプリの切替えが行えます。

fooview_navigation

さらにフロートボタンを短く横にスライドすると「バック」操作になり、ホームや履歴操作を行うこともできます。

ファイル管理や検索も指一本で即時呼び出し

fooview_guide

あまりにも機能が多く覚えきれないですが大丈夫、アプリを起動するとガイドを見られます。日本語対応。

fooview_setting

キャプチャは動画にも対応、またファイルマネージャーからサッと画像を確認したり、気になった言葉をすぐに翻訳したり、アプリを切替えたりできます。

マルチタスクといえばそのままですが、パソコンのChromeで文字を範囲選択して検索する時のように非常にお手軽な操作ができます。

スクショの切り抜きが面倒、画像検索を頻繁に利用する、Google Nowが重たくて嫌といった場合に活躍してくれると思いますヨ。

全てフローティングウィンドウ(オーバーレイ)なので前面のアプリを終了しないところもポイントです。

そんな感じ。

Google play fooView – Float Viewer
fooView - Float ViewerfooView Inc.
評価: 4.4 / 5段階中
価格: 無料 (2017/5/20 時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。