【KLWP】コピペでOK!超簡単、週間カレンダーの作り方!

SHARE

【KLWP】コピペでOK!超簡単、週間カレンダーの作り方!

実は何度か挑戦しつつ抜けきらなかった疑問があります。

カレンダーと日付表示を両方置く意味あるの?

って。

それを解消すると同時に超簡単な1行の関数で作れる週間カレンダーを見つけたので紹介します。

レイヤーの枚数は増えるものの、たった1行で完結・すべてコピペ可能な週間カレンダー

このカレンダーはとてもシンプルで、曜日を表すアルファベットに黒丸を重ねています。

どうせ日付は別に表示するし、今日の日付さえわかってれば不自由しないのでこれでよし。

作り方も簡単で、同じ関数を仕込んだレイヤーを並べます。

ココに技あり!重ねた時に色を反転する関数

このテーマでは、曜日を示すアルファベットと背後の黒丸が同じ色になっています。

このままだと重なった時にアルファベットが読めなくなるので、色を反転させて対応しています。その関数が、

$if(df(e)=1,CREAR,NOMAL)$

こちら。

「塗り」の中の「加工」に仕込んでいます。

df(e) というのが現在の曜日を数字で返すもので、土曜日を0としています。

日曜日を0としたISO形式を使いたい時はその下の df(f) を選ぶと良いのかな。

で、それぞれの曜日のアルファベットに df(e)=1 とか df(e)=2 とか対応する数字を指定しておいて、それがTRUE(正しい)時に「CLEAR」を、FALES(正しくない)時に「NOMAL」を返す式です。

「加工」はもともとこんなふうになってまして、これについてはこちらに詳しく載っています。

Zooper Widgetの描画モードとしても同じものが使われていたので、Zooperに慣れている人にはわかりやすいかな?

CLEARにすると重なっているレイヤーからこれを指定した方(この場合アルファベットのモジュール)をそのままくり抜くようです。

背景も含めて全て黒と白でできているので簡単かと思います。

黒丸のほうは普通に色に関数を仕込み、当日以外の曜日のものを透過しています。

gv(indicatr) とありますがこれは色をグローバル変数で指定しているだけなので特別なことはなし。

もし紛らわしいようでしたら、日曜日は赤丸とかにしてもいいかも。

というわけで、土曜日~金曜日までの7つのアルファベット(テキストモジュール)と、そこに重ねる7つの黒丸モジュールを用意するだけで作れるお手軽な週間カレンダーでした。

テーマ紹介

今回の仕組みを教えてくれたのは、Playストアで配信されているこちらのテーマです。

Google play LCR for Kustom KLWP

LCR for Kustom KLWP
制作: LaSing Productions
評価: 4.2 / 5段階中
価格: 無料 (2016/12/17 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

複数のテーマが入っており、色違い(ホワイトテーマ、ダークテーマ)にも対応しています。

グローバル変数でいろんな部位の色を変更できるので自分好みに合わせてもよし。

「date」というモジュール(グループ化(重ねる))の中に週間カレンダーがKomponent形式で入っています。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。