Xperia Z4 Tablet SO-05GにAndroid 6.0 Marshmallowが配信

NTTdocomo版Xperia Z4 Tablet SO-05GにAndroid 6.0 Marshmallowが配信されました。

ちょこっと期待してたんですが6.0.1ではなく6.0です。残念ながらナビバーは手付かずです。(ステータスバーには待望の新機能が加わりました!)

ステータスバーが好きな位置から降ろせる

これまでは必ず中央から降りてきていたため、横画面で操作する時に通知を触りにくかったですよね。
これがようやく改善されました。

またZ4の時にも紹介した音量パネルの展開やSDカードの認識などもちゃんと備わっています。
ただ、内部ストレージとしてフォーマットできるかはこれから試します。

▼Android 6.0 Marshmallowについて詳しくは下記まとめをご覧ください。


なおZ4 Tabletには「Party Share」は追加されてない?様子。
ま、Playストアにありますしネ。むしろなんでZ4に追加したんだ…。

Android 6.0 Marshmallowの問題点変更点

まずその1、ホームアプリのジェスチャ機能などを使って通知を引っ張りだすと、すごくゆっくりしたアニメで挿入される。
これはOS側のバグだとNova Launcherが言っているようです。

その2。Android 6.0 Marsmallow以降の機種をPCとUSB接続するとこういうポップアップが出ます。

これのデフォルトは「充電のみ」になっているため、Android 6.0以降の機種はただ繋ぐだけでは充電しかできません
繋いでから画面を点灯し、ロックを解除して、このポップアップから「ファイルの転送(MTP)」などを選んではじめてパソコン側にストレージが認識されます。

これを変更し、USB接続したら即座にMTPモードとして認識させる方法は……今のとこなさそう?
ドコモに聞いてみたけど知りませんでした。

ちょっと面倒なのでSmart Lock等を活用することをおすすめします。

その3。Android 4.4 からはストレージのアクセス権限が頻繁に変更されており、KitKatでSDカードアクセス(ほぼ)全面禁止、Lollipopで任意の許可を求めるかたちで限定復活、そしてMarshmallowでは移動(切り貼り)禁止というかたちになったようです。

MarshmallowでSDにファイルを移す時は「切り取り → 貼り付け」ではなく「コピー → 貼り付け → 内部ストレージ側の元ファイルを削除」という作業が必要になりそうです。

なおこれらは全てセキュリティの観点から盛り込まれたものと思われるため、正常な動作です。
昔からAndroidはADBを使ってロック画面を迂回できるだの、似顔絵でフェイスアンロックを突破できるだのと色々な珍事トラブルを起こしていますからネw
※iPhoneも、昼寝中の父親の親指をこっそり使って娘がゲームに課金したなんて話がありました。

特にUSB関連は盗難対策の観点からも対応が求められるので、端末の暗号化と一緒にかなり重要視されているようです。
同じように、取り外し可能なmicroSDカード(こういう形式のストレージを「リムーバブルメディア」ともいいます)にはあくまでも情報のバックアップのみを残させる、という方針から、ファイルそのものを移動させずコピーだけ許すという発想が生まれたんじゃないかと個人的には思っています。

だからSONYはいつまで16(ヘタしたら8)~32GBにこだわるんだと言いたくもなるんです。自分とこで必死でアピールしてるLDACとか4Kとか60fpsとかファイルサイズいくらすると思ってるんだ、と。
国内版Xperiaでいえば消せないプリイン何個入ってると思ってるんだ、と。(おそらく最も注目を集めただろうXperia GXには70個以上入っていました)

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。