KLWPの自由度がやばい もはや自分でもどうやったのかわからなくなってきた

KLWPとは?
トムとロイド: KLWPカスタム

まだまだ何かできそう。

「ページを切換えた時はスクロール」し、「タップした時はドックを引き出しながら回転」するボタン。

幅を全て使ったプログレスバーの作り方は次の通り。

・「図形」レイヤーを使用、Overlap(重ねる)グループ化してスケールを弄って拡大しているものの、このレイヤーの幅の最大値は720
・KLWPの「mi(percent)」は曲の進行度(%)を数値で出力する=MAXは100

つまり、「mi(percent)」を7.2倍してやればMAXが720になる。

速度を調節したり、角度を調節したり、方向を逆転したりするのがとても楽しい。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。