POBox Plusで少しでも楽に記号を打つために

ユーザー辞書を使ってみます。

「読み」に極力変換候補の少ないものを選びます。
今回使うのは、スペースキーの左隣にある「コンマ」。これは変換候補が「全角コンマ」「半角コンマ」の2つしかありません。

# 、 % 、 & 、 -(半角ハイフン) 、()(半角カッコ両方) 、 /(半角スラッシュ) 、 >(半角不等号)などを登録しました。

あとは入力時に変換するだけ。元となる「コンマ」の候補が少ないので、記号が後ろに回っても選びやすいかと思います。

が、やはり根本的な解決には程遠い。
QWERTY最上段に記号が置けてた頃は英字を打ちながら”確定させずに”記号も一緒に打てたけど、この方法ではそれができません。
未確定文字がある時にコンマを入力した時に、ワンタップで”コンマだけ”変換することはできないですからネ。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。