あらゆるデバイスに感圧タッチを実装し、筆の質感もトレース可能なタッチパッドがKickstarterで大成功。量産化が待たれる

The Sensel MorphはmicroUSBやBluetooth LEを用いてコンピュータと連携できるタッチパッドのような製品で、タッチ感度が極めて高いデバイスです。

指によるマルチタッチを実現したことでゲームや音楽に活かすこともでき、筆で触っても感触を正確にコンピュータに伝えます。

タイピング用キーボード、絵筆用パレット、音楽用ピアノ鍵盤といった付属のシートを使い分けて様々な用途に活用できます。

このプロジェクトはKickstarterに登場して3時間で目標を達成するほど勢いがついており、既にほとんどのプランが売り切れ。6万ドルの目標に対し35万ドルを集めています。

ラップデカールがもらえる最安10ドルの支援は米国内のみ対応しているため申し込めませんが、249ドルの支援で1台もらえるコースならまだあいてます。

製品に関する日本語解説は下記より確認できます。

本物の筆で描ける高感圧タッチパッドSensel Morph。押し応えのあるキーボードやDJコントローラにも変身 - Engadget Japanese本物の筆で描ける高感圧タッチパッドSensel Morph。押し応えのあるキーボードやDJコントローラにも変身 – Engadget Japanese

The Sensel Morph: INTERACTION, EVOLVED. by Sensel — KickstarterThe Sensel Morph: INTERACTION, EVOLVED. by Sensel — Kickstarter

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。