【Chromecast】【root】Xposed不要、端末の画面を強制的にTVモニターの解像度に合わせてくれるアプリ

SecondScreen (Free) – Google Play の Android アプリ

Android Poriceで紹介されていました。

TVやモニターの解像度を選びます。
「+」からプロファイルを作ることも可能。

「TV (1080p)」を選んだらこうなりました。
FHD解像度(1920×1080)ではなく、1080pの解像度に変更されます。

通知領域もこんなんなっちゃったw

画面の解像度を変えるとなると「AppSettings」がすぐに思い浮かぶのですが、このアプリを使えばアプリごとではなく端末の画面そのものが強制的に解像度を変更します。

このアプリが何の目的で作られたかというと、どうもChromecastへのミラーリングを全画面で行なうためのようです。
残念ながら我が家に4.4の端末がないので試せませんが、4.4の端末とChromecastを持っているなら試してみては?
(たぶん横画面だと思いますが)ミラーリング時に画面いっぱいの大きさで表示できるんじゃないかと思います。

※使う前にアプリ説明文をよく読んでください。BTキーボードの使用が推奨されています。
※AOSPのAndroidがサポートされています。カスタムROMはサポート適用外です。
※こちらで「1080p」を選んだ後でアプリを停止したところ、画面の解像度は元に戻りましたがIMEのみ戻らず、アプリをアンインストールして再起動したところ戻りました。注意してください。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。