【root】LMTのISASを可視化・再現できるようなスワイプ操作アプリ【Xposed】

SHARE

【root】LMTのISASを可視化・再現できるようなスワイプ操作アプリ【Xposed】

All in one Gestures – Google Play の Android アプリ

こんな感じで画面端に起点を置き、スワイプインすると操作できるようなアプリです。
デフォルトでは1辺につき1個のジェスチャー+四隅になってますが、

メニューから3番目の「More Hotspots」を選んで、

12ボタンを選ぶと1辺に3つのジェスチャーを登録できるようになります。
Straight Swipeだと(ISASみたいに)起点を3分割し、

Diagonal Swipeだと起点は1個ですがスワイプした方向により3種類のジェスチャーを登録できます。

登録できる機能はこんな感じ。
「Action Panel」を開くとこれらの機能を9個まで登録できるウィンドウが出てきます。

ステータスバーをタップ、ダブルダップ、トン・ツー間隔でタップした時に機能を割り当てることもできます(ユーザー補助が必要)。

サイドメニューより「Edge Preference」を選ぶと起点のサイズを変更できます。

起点には色がつけられます。
サイドメニューの「Transparency & Color」から変更できます。名前の通り透過も可能。

通知領域にもボタンを3つまで常駐できます。

レスポンス的には遅めなんですが四辺全部使えること、好きな大きさに3分割できること、Long Searchがある(通知に置けるボタン)こと、起点を完全に隠せ、更に隠しても全く問題が起こらないことが評価対象でした。

またこのアプリはXposedモジュールとしても動くようで、UDNと同じように有効化するとナビバーを非表示にするっぽいです。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。