【root】マルチウィンドウ VS フローティングウィンドウ 使うならどっち?

今回はXposedモジュールを3つ使います。

Xposed Frameworkについてはこちら

XMultiWindow | Xposed Module Repository

1つ目はこちら。

XMultiWindow:Galaxy以外の端末でもマルチウィンドウで2つのアプリを同時に1画面に表示・使用できるXposedモジュール。Youtubeのバックグランド再生にも対応。 – Android(アンドロイド)おすすめアプリ・カスタムニュース|AndroidLover.Net

使い方はこちらが非常に参考になります。

画面左端からスワイプインするとサイドバーが出現、アプリをタップすると「上で開くか」「下で開くか」が聞かれます。
上下別々に2つのアプリを同時に開けます。
サイドバーを閉じるには、再度左からスワイプインします。

ただ、動きがなんか変。スワイプインでサイドバーが開かなかったり(恐らく左右スワイプでUIが動くアプリがフォアグラウンドにある時だとうまく起動できていない)、2つアプリを開いてからスワイプでサイドバーを消すと一緒に開いたアプリまで消えちゃう、ブラウザやビューアの選択肢画面が画面の上半分に縮小されて表示されてしまうといった症状を確認しています。

ただ、このモジュールの強みは「2つ同時に開ける」ということに限らず「あるアプリが起動している状態で、別のアプリをその上に開ける」ことにもあります。
いわゆるオーバーレイ表示できるものと利点が近いということ。

去年散々苦労したことなんですが、例えばニュースリーダーでニュース読んでる時、記事中に置かれたリンクをタップするとブラウザが開きますよね。
この時にChromeなど全画面で開くアプリでページを開いて、読んだ後でバックキーで戻る、またはアプリの終了ボタンで終了すると「それまで開いていたニュースリーダーの記事ページ」ではなくホーム画面に戻っちゃうことが多々あります。
僕にとってこのジレンマを最初に解消してくれた救世主はru_426さんのWEBMall for SmallAppでした。

WEBmall for All Small app – Google Play の Android アプリ

4.2のZにスモールブラウザがプリインされましたが、インテントに対応している(webリンク踏んだ時選択肢に出てくる)のはWEBMallだけです。

XHaloFloatingWindow | Xposed Module Repository

2つ目のモジュールはこちら。色んな(root)アプリに対応しており、そうしたアプリを通して様々なアプリをフローティングウィンドウで開けるものです。

トムとロイド: 【Xposed】モジュールを切替。Complete Action Plus

XHaloにこれを組み合わせます。

アップデートでXHaloに対応しており、Complete Action Plusで開いた選択からアプリを長押しすると、フローティングウィンドウで表示されるようになりました。
オーバーレイで表示したいと思う時って前述した通り「このタイミングで開くと後ろに隠れたアプリが終了しちゃう」ことが予想される場面なので、これでも個人的には十分です。

逆にこっちから積極的にフローティング表示したいならそれこそスモールブラウザ使うし。
今のZはウィジェットをスモールアプリにできるので、あえてアプリを小ウィンドウで開く意味がそんなにありません。

これがタブレットならまた違ったんだろうけど…。

というわけで最初は目新しさからXMultiWindowかなと思ってたんですが、動作が怪しいことと必要性があまりない点からXHaloにしてみようかなと思います。

そんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。